マイナス理由による転職は危険

 看護師の仕事は専門知識も必要ですが体力も必要な仕事です。加えて責任も大きい仕事のため看護師という仕事に自信を持っている方も多いでしょう。しかし、大変な仕事ゆえに転職を考える方も多いでしょう。「今の環境は忙しすぎて、プライベートの時間が作れない」という人は仕事のペースを落とせる転職先を希望します。また「もっと、収入を上げたい」と考えている人は、収入を上げることができる転職先を希望するでしょう。

 しかし、転職を考えた時には一度立ち止まって本当に転職する覚悟があるのか見直すことが必要です。どんな職業でも転職をする際は勇気がいります。「本当に、このタイミングで転職をしても良いのだろうか?」「後々、後悔しないだろうか?」と思うことも多いでしょう。転職理由は人それぞれですが、転職理由がマイナスな理由であればその転職はとどまった方が良いでしょう。

 例えば「人間関係が悪いから、この職場を辞めたい」「嫌な先輩がいるから、辞めたい」といった理由で転職を考えている人もいるかと思いますが、こういった場合は転職をしたとしても再び同じ環境に陥ってしまう可能性があるためです。確かに看護師という仕事は転職先に困ることはありませんが、転職回数が増えるというのは自分にとって不利になってしまいます。「お給料が低いから辞めたい」といった転職理由もマイナス理由のため、今の自分のスキルで希望収入を得られるのかを冷静に判断することが必要となります。
看護師の仕事は大変な仕事だからこそ多くの不満も生まれます。しかし、マイナス理由でそれ程の覚悟なく転職をしてしまうと、後々後悔してしまうことになるので注意が必要です。