交渉で成功する転職

 看護師は全国的にどの業種でも不足していることから、求人募集が豊富にあって売手市場になっていることが看護師の間でもよく知られるようになっています。どの施設からも有能な人材が渇望されているため、勤務条件や待遇が求人募集に記載されている内容では満足できないときに交渉できる可能性があるのが現状です。

 しかし、実際に転職に際して交渉を行うには不安が募るものです。それは、求人に対して複数の人が応募していたら他の人の方が採用されてしまう可能性を高めることになってしまうからであり、交渉を口にするかどうかを判断するのは一般には難しくなっています。

 しかし、実際には覚悟を決めて交渉を行うことにより好待遇を獲得している看護師も多くなっているのが実情です。その背景にあるのがエージェントの活躍であり、直接交渉を行うのではなく、仲介者を介して交渉することにより不採用の要因にしないように取り計らってもらうことができるようになっています。求人に応募する以前から勤務条件や待遇についての交渉を行ってもらえることも多く、大きな覚悟をしなくてもより良い待遇を求めることができるようになっているのです。このようなサービスを転職に際して利用している看護師ばかりではないものの、エージェントの存在が交渉のハードルを下げている現状があります。自ら交渉を行う覚悟を決める人も多いものの、その決意ができなかった人すらより良い待遇での転職を求められるようになっているのが現状です。