退職は計画性がポイント

 転職をする際には望んでいる待遇の職場を見つけ出して応募し、採用を獲得するのが最も大きな課題として考えられがちです。失敗しないためには最も重要な点であるのは確かですが、看護師の場合にはある程度の妥協をすれば意外に簡単に次の職場は見つけられます。高い望みをもってキャリアアップをしようと考えている場合にはそれなりの覚悟が必要ですが、そうでない場合には次の職場を見つけること自体はそれほど大きなハードルがあるわけではありません。

 問題になりやすいのは、むしろ現場を退職する時だと知っておきましょう。上司に退職届を渡しても受理してもらえず、何ヶ月にも渡って交渉しなければならなくなる場合もあります。ようやく受理してもらえても、退職するためには一切の仕事の引き継ぎをしなければならず、申し送りのように簡単な手続きではありません。結局は3ヶ月から半年程度の期間を退職のために費やし、その間は転職を決意する以前よりも働き通しになってしまう場合もあります。

 現場でどれだけ必要とされている人材だったかや、その時の看護師の充足率によって状況は大きく異なりますが、退職時には時間も労力もかかることをしっかり覚悟しておかなければなりません。転職に際しては、退職の計画性を持つことも重要であり、できるだけ手際よく進めるように努力しましょう。あまりに退職にかかる期間が長引くと採用の取り消しにもつながりかねないため、覚悟を決めて退職手続きに取り組む必要があるのです。